FC2ブログ
ハチオウジタロウのブログ
八王子発 家族日記
≪07月   2019年08月   09月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
新江ノ島水族館
DSCN3786.jpg

13日(土) 以前このブログで書いたように「海釣り」を決行しようと朝4時30分に起床。家族と神奈川県の「大磯漁港」目指しました。
朝から霧雨が降っていましたが、天気予報では「曇り」となっていた為、大して気にせずに自宅を出発。「平塚市」に入ってもまだ降り続き「あれれ???」と思うもそのまま車を走らせました。

そして目的地の「大磯漁港」に到着すると霧雨から「みぞれ」に変わっていました(^^;)
自分が皆に「また出直すしかないね~」と言うと、息子が「どうしてもやりた~い!!!」と騒ぐので、仕方なく「大磯漁港」廻りを散策することになりました。が・・・・あまりの天候の悪さに息子も「やっぱりやらない・・・・」とあきらめ、餌の「青イソメ」を海に放しました。

「このまま帰るのはもったいないな~」と考えていると「新江ノ島水族館」のことを思い出しました。行けば子供達も喜んでくれるでしょう!水族館に行くことに決めました。

入ってすぐに「相模湾大水槽」の前で飼育員の方が魚の説明をしていました。水槽の中にダイバーがいて、リクエストすると水中カメラで魚をアップで見せてくれます。

DSCN3698.jpg

水中カメラに写った「ウツボ」のアップ。

DSCN3702.jpg

「相模湾大水槽」を後にし、先へ進むと「トビハゼ」がいました。

DSCN3667.jpg

次は「ブリ」や「カンパチ」の泳ぐ水槽に着きました。自分はこれが見ていて一番楽しめました。こういう水槽が家にも欲しい・・・・。

DSCN3685.jpg

次は「タラバガニ」ですが・・・・まったく動きません。

DSCN3697.jpg

ちなみに外の天気はこんな感じです。この時は雪が降っていました。

DSCN3709.jpg

DSCN3711.jpg

ショーが始まるとの事で「イルカショースタジアム」に向かいました。屋根はありますがここは完全に「外」です。
10分程待っていた時間は「修行」でした(^^;)

DSCN3712.jpg

「ドルフェリア」なるショーが始まりました。水族館のガイドには「人とイルカのコラボレーションショー」と書いてありました。

DSCN3720.jpg

↓↓クリックしていただけると幸いです↓↓
   ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト
新江ノ島水族館【2】
「クラゲファンタジーホール」に到着。「パシフィックシーネットル」です。

DSCN3722.jpg

こちらは「ミズクラゲ」です。

DSCN3725.jpg

これは「ホッケ」です。「ホッケ」は何度も食べたことありますが、実物を見るのは初めてです。この「ホッケ」はかなり大きかったです。40cm以上あると思います。

DSCN3730.jpg

「クチバシカジカ」です。前についているヒレでヨチヨチと歩きます。すごく癒されました(^^)

DSCN3731.jpg

「サンゴ」の水槽に着きました。色鮮やかでとても綺麗です。

DSCN3761.jpg

「タッチングプール」に到着しました。「ドチザメ」や「ネコザメ」といった大人しいサメが触れます。「サメ肌」初体験でした。

DSCN3762.jpg

DSCN3764.jpg

↓↓クリックしていただけると幸いです↓↓
   ブログランキング・にほんブログ村へ
新江ノ島水族館【3】
13時からまたショーが始まるとのことで再度「イルカショースタジアム」へ向かいます。またまた「修行」が待っていますよ(^^;)
「スプラッシュ」と名付けられた「イルカ」のパフォーマンスショー。息子だけが濡れるのを覚悟して、最前列で見ていました(^^)

DSCN3775.jpg

「オタリア」も芸を見せてくれました。

DSCN3776.jpg

「スプラッシュ」を堪能した後、出口に向かうと「ミノカサゴ」の水槽がありました。この魚はかなり強い毒を持っているので有名です。


DSCN3782.jpg

入り口で「恋する・えの水」と言いながら男女ペアになって入場すると抽選で「ラムネ」がもらえます(^^)


DSCN3787.jpg

自宅に帰って、テレビをつけると「バンクーバーオリンピック」の開会式が放送されていました。「あれ!?オリンピック???」
ビールを飲みながら開会式をしばらく見ていると「おおっ!!!」なんと「ブライアン・アダムス」が・・・・。すご~く懐かしい(^^)あの「歌声」は健在でした!

↓↓クリックしていただけると幸いです↓↓
   ブログランキング・にほんブログ村へ
相模川ふれあい科学館
相模原市にある「相模川ふれあい科学館」へ行ってきました。今回は事前に「バースデースペシャル裏側探検隊」という企画に申し込んでいました。10時から飼育スタッフの方に館内のバックヤードを案内していただくことになっています。

DSCN9418.jpg

10時になりました。スタッフの方に案内されて、水族館の裏側を見せていただくことにします。ここには展示待ちの魚やカニ、カメ等が飼育されています。スタッフの方の説明を聞きながら、見学させてもらいました。

DSCN9466.jpg

秋の特別展で「ザ・シャーク」というサメを紹介する展示会が開かれています。今回は普段なかなか見ることができない深海の「ミツクリザメ(ゴブリンシャーク)」の標本に触れることができます。水槽を見学している途中で「ミツクリザメ」の標本が戻って来ました。息子が触らせてもらっています。

DSCN9501.jpg

「テッポウウオ」です。水の中から水を飛ばして、昆虫などのエサになるものを水に落とします。この魚はとても目がいいそうです。この後、実際に水を飛ばしてエサを食べるところを見させてもらいました。

DSCN9469.jpg

アルビノの「スッポン」です。

DSCN9504.jpg

相模川の河口から上流までをイメージした「流れのアクアリウム」と名付けられた水槽を上から見せていただくことになりました。

DSCN9512.jpg

子供達は魚にエサを与えることができて、とても喜んでいました(^^)

DSCN9510.jpg

DSCN9514.jpg

DSCN9516.jpg

DSCN9523.jpg

次に水槽の裏側にある飼育スペースと機械室を見せていただくことになりました。夏休みの間に展示されていたカブト虫とクワガタの飼育ケースがありました。次の出番までスタッフの方が世話をみるとのことでした。

DSCN9531.jpg

DSCN9532.jpg

スタッフの方が子供達の為に、「モズクガニ」を見せてくれました。しかし俊敏な動きで脱走・・・・(^^;)その後、スタッフの方にガッチリ掴まれて籠の中に・・・・さすがです(^^)

DSCN9534.jpg

水槽を維持管理するためのろ過装置や循環ポンプがあります。

DSCN9536.jpg

スタッフの方から「ヌマエビ」について説明を受けています。

DSCN9544.jpg

ガラスの皿の中には「タナゴ」の稚魚がたくさんいました。

DSCN9545.jpg

息子が見つめる先には「カブトガニ」が・・・・。

DSCN9546.jpg

DSCN9550.jpg

DSCN9554.jpg

あっという間に1時間が過ぎて、「バースデースペシャル裏側探検隊」は終了しました。スタッフの方にとても親切にして頂き、とても良い時間が過ごせました。ありがとうございました(^^)/

↓↓クリックしていただけると幸いです↓↓
   ブログランキング・にほんブログ村へ
相模川ふれあい科学館【2】
スタッフの方に別れを告げて、今度は館内にある水槽を見学していくことにします。この水族館のメインは相模川の河口から上流までを表現している「流れのアクアリウム」だと思います。



河口域にいた「スズキ」です。

DSCN9567.jpg

DSCN9585.jpg

個人的に「流れのアクアリウム」の中で一番楽しめたのが、上流域にいる「イワナ」「ヤマメ」の水槽です。この2種類は本当に「綺麗な魚だなぁ~(^^)」と思いました。しばらく一人で見学していました。

DSCN9590.jpg

「流れのオブジェ」です。

DSCN9577.jpg

「両生類コーナー」の水槽に来ました。

DSCN9579.jpg

「アカハライモリ」です。「裏側探検隊」でスタッフの方から教えて頂いたのですが、毒を持ってるそうです。気をつけましょう!

DSCN9614.jpg

特別天然記念物に指定されている「オオサンショウウオ」です。日本にしか生息していないそうです。

DSCN9622.jpg

「両生類コーナー」の隣にある「タナゴコーナー」です。国の指定天然記念物で国内希少野生動植物にも指定されている「タナゴ」の仲間が数種類飼育されています。「タナゴ」もとても綺麗な魚です。

DSCN9582.jpg

「CG水槽」です。

DSCN9594.jpg

「水生昆虫コーナー」に来ました。「ミズカマキリ」と「ゲンゴロウ」が展示されています。どちらも久しぶりに見ることができました。

DSCN9595.jpg

DSCN9609.jpg

最後に秋の特別展「ザ・シャーク」に入ることにします。

DSCN9624.jpg

相模湾にも生息する「ドチザメ」に触ることができます。

DSCN9627.jpg

水槽の中にいる「ドチザメ」です。こんな顔をしています。

DSCN9642.jpg


「相模湾」にも生息している「トラザメ」です。

DSCN9637.jpg

「イヌザメ」です。大きくなると白と黒の縞模様は消えてしまうそうです。

DSCN9639.jpg

「サンゴトラザメ」です。

DSCN9648.jpg

「アカエイ」です。尾の部分にあるトゲには毒があるそうです。

DSCN9653.jpg

以上で「相模川ふれあい科学館」を後にしました。決して広くはない館内ですが、内容が充実していてとても楽しめると思いました。子供達もとても喜んでくれたので、また機会があれば行ってみようと思います。

↓↓クリックしていただけると幸いです↓↓
   ブログランキング・にほんブログ村へ
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .