FC2ブログ
ハチオウジタロウのブログ
八王子発 家族日記
≪01月   2012年02月   03月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  
戸倉城跡
あきる野市にある「戸倉城跡」に行ってきました。この城も「網代城跡」と同じく「南一揆」と呼ばれる武装集団(構成員は地侍や有力名主)により、統治されていたとされています。

その後小田原北条氏の「北条氏照」がこの地域を支配するようになると南一揆は解体され、北条軍として軍役を与えられたとのことです。


桧原街道から戸倉城跡に向かって、民家の並ぶ路地に入ると「ツグミ」を見つけました。



予備知識はほとんどありません。麓にある神社の裏を登って行けば、本丸に辿り着くという位です^^; しばらく歩いて行くと「三嶋神社」と書かれた鳥居を見つけました。

DSCN9985_20120205173754.jpg

鳥居をくぐって、出発です♪

DSCN9991_20120205173829.jpg

神社の境内に到着。神社の裏を覗くと細い道がありました。

DSCN9998.jpg

「道が狭いな~・・・ここでいいのかな?」などと考えながら、登ります。

DSCN0004_20120205173918.jpg

かなりの急勾配です。

DSCN0010_20120205173929.jpg

まだ残雪が残っている場所があって、足元がとても滑ります。

DSCN0019_20120205173938.jpg

滑りながら進んでいくと道がなくなりました・・・^^; やっぱり登るところを間違えたみたいです。仕方がないので斜面を南側に進んで行きます。

DSCN0023_20120205173949.jpg

そのまま進んで行くと下から登ってくる道と合流しました。それらしい道に出て、一安心です。

DSCN0027_20120205174001.jpg

弁天山の山頂のような岩肌をした斜面を進んでいきます。

DSCN0030_20120205174016.jpg

「おっ!柵がある」

DSCN0032.jpg

なるほど・・・柵から下を覗くと断崖絶壁でした。これは怖いです。

DSCN0033.jpg

DSCN0035_20120205174057.jpg

本丸に到着。素晴らしい眺めです^^

DSCN0038.jpg

↓↓クリックしていただけると幸いです↓↓
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
スポンサーサイト
戸倉城跡【2】
本丸に戸倉城跡の案内板がありました。

DSCN0043.jpg

DSCN0045.jpg

しばらく冷たい風を浴びながら、素晴らしい景色を眺めておりました。

DSCN0054_20120205174254.jpg

二の丸です。

DSCN0057_20120205174309.jpg

北側にある出丸を目指して進むことにしました。

DSCN0058_20120205174320.jpg

DSCN0059_20120205174405.jpg

DSCN0062_20120205174416.jpg

ここは埋まってしまっていますが、堀切の跡だそうです。

DSCN0064.jpg

出丸に到着しました。

DSCN0067_20120205174440.jpg

出丸からは「桧原城城跡」が見えるとのことだったのですが、木が生茂って見ることはできませんでした。

DSCN0069_20120205174501.jpg


↓↓クリックしていただけると幸いです↓↓
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
戸倉城跡【3】
水の手(井戸)を見ようと二の丸まで戻ってきました。

DSCN0081_20120205174513.jpg

水の手に到着。残念ながら枯れておりました。

DSCN0092_20120205174523.jpg

DSCN0101.jpg

大手道を通って、山を下ることにしました。本来ならこちらから登るべきだったのですが・・・^^;

DSCN0105.jpg

DSCN0113_20120205174626.jpg

誰にも会うこともなく、雪の残る道をひたすら下ります。林道を歩くのは大好きなのですが「一人で滑って、崖から落ちるといやだなぁ~」などと考えてしまいましたよ。

DSCN0117.jpg

DSCN0124.jpg

DSCN0127.jpg

クヌギの木が根返しにあっていました。

DSCN0128.jpg

DSCN0135_20120205174813.jpg

DSCN0138_20120205174830.jpg

DSCN0144.jpg

DSCN0162.jpg

大手道はやはり歩きやすいです。失敗しました^^;

DSCN0168_20120205174900.jpg

「ナンテン」です。

DSCN0171_20120205174911.jpg

↓↓クリックしていただけると幸いです↓↓
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
戸倉城跡【4】
大手道の入口である「神名神社」まで下りてきました。大手道の入口にはちゃんと案内板が設置されています。

DSCN0180.jpg

DSCN0184_20120205175048.jpg

ここから登りましょう^^

DSCN0189_20120205175059.jpg

南一揆の居館跡と言われている「光厳寺」に向かうことにしました。

DSCN0193_20120205175118.jpg

DSCN0196_20120205175204.jpg

光厳寺に到着。

DSCN0199.jpg

DSCN0204_20120205175240.jpg

境内を見学させてもらい、南側に進むと城に登る道を見つけました。往きに合流した道はきっとここから登るのでしょう。

DSCN0224.jpg

DSCN0223.jpg

順路を間違えてしまいましたが、とても楽しめました♪ また来たいと思います。

DSCN0244.jpg

↓↓クリックしていただけると幸いです↓↓
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
第14期国史跡八王子城ガイド4
今月も「国史跡八王子城とオオタカを守る会」が主催する「第14期国史跡八王子城ガイド」に参加してきました。

今回のコースは小田野出城跡~浄福寺城跡大手門~浄福寺城跡山上曲輪~本丸~浄福寺となっています。


「小田野出城跡」に到着しました。



事務局長の米田さんの説明を受けてから、城跡に入ります。

DSCN0376.jpg

大分埋まってしまっておりますが、堀跡です。

DSCN0379.jpg

DSCN0382.jpg

上から覗くとこんな感じです。

DSCN0384.jpg

「小田野源太左衛門」の御主殿跡に到着しました。ここはかなり広いです。

DSCN0387.jpg

DSCN0389_20120212193537.jpg

御主殿跡の横にある腰曲輪を下って、「心源院」目指して進むことになりました。

DSCN0393_20120212193548.jpg

DSCN0396.jpg

11月の八王子城ガイドでも案内された心源院に到着しました。

DSCN0402_20120212193630.jpg

DSCN0404.jpg

心源院を後にし、「浄福寺城跡」を目指します。

DSCN0408_20120212193650.jpg

浄福寺城跡が見えてきました。

DSCN0410_20120212193700.jpg

↓↓クリックしていただけると幸いです↓↓
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
「浄福寺城跡」が見えてきました。



浄福寺城跡は八王子城主「北条氏照」が幼少時代を過ごしたとされています。

大手道から登ります。

DSCN0423_20120212193725.jpg

事前にガイドの皆さんが難所にロープを張ってくれています。傾斜がきついのでロープ無しでは厳しいです。

DSCN0429.jpg

DSCN0434_20120212193746.jpg

DSCN0440_20120212193755.jpg

DSCN0444.jpg

DSCN0447.jpg

DSCN0458_20120212193828.jpg

堀切がありました。

DSCN0460_20120212193910.jpg

DSCN0475.jpg

DSCN0483_20120212193941.jpg

登りと下りを頻繁に繰り返します。

DSCN0487_20120212193951.jpg

写真だとわかりずらいのですが、3段の帯曲輪状になっています。

DSCN0495.jpg

DSCN0498.jpg

DSCN0502_20120212194037.jpg

本丸手前にある曲輪です。今まで見てきた曲輪の中でも特に広いのは、ここを突破されると本丸まで攻め込まれてしまうので、ここに強力な防御線を敷いていたのだろうとの説明でした。

DSCN0504_20120212194048.jpg

↓↓クリックしていただけると幸いです↓↓
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
またまた難所をロープで進みます。

DSCN0511.jpg

本丸手前の腰曲輪に到着しました。

DSCN0525.jpg

本丸です。難所続きで疲れました^^

DSCN0530_20120212194121.jpg

腰曲輪でランチタイムを過ごした後は皆で急な斜面を下ります。

DSCN0532_20120212194345.jpg

本丸横にあった竪堀跡です。

DSCN0535_20120212194357.jpg

下りもやはりロープのお世話になります。

DSCN0538_20120212194407.jpg

こんな感じで皆が下り終わるとガイドの皆さんがロープを回収しながら下りてきます。厳しい斜面の続く浄福寺城跡での散策はガイドの皆さんの協力があってこそだと思います。とても有り難いです。

DSCN0544.jpg

DSCN0556.jpg

観音堂まで下りてきました。麓まであと少しです。

DSCN0562_20120212194445.jpg

DSCN0569.jpg

DSCN0571_20120212194512.jpg

「浄福寺」に到着しました。

DSCN0577.jpg

浄福寺の中を見学させてもらえるのは八王子城ガイドならではと思います。

DSCN0581_20120212194533.jpg

お~^^

DSCN0589.jpg

以前登った時にはわからなかったことが多かったのですが、ガイドの皆さんの説明のおかげで遺構を確認しながら、進むことができました。とても感謝しています。

北条氏照が幼少時代を過ごしたとされる浄福寺城跡・・・またいつか登ろうと思っています。

DSCN0591.jpg

↓↓クリックしていただけると幸いです↓↓
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
今までこのブログを読んでくれていた皆さんへ。


突然なのですが、ブログの記事を書くのはこれで最後です。他にやることができました。




DSCN0688_20120218073040.jpg

色々な方からメールやコメントを頂き、感謝しています。皆さんのおかげで続けることができました。ブログはしばらくこのままにしておきますが、時期をみて閉鎖しようと思っています。

山城へ行ったり、自然観察をすることはこれからも続けていくつもりです。

我が親子は今後も八王子城跡に出没するでしょう。それっぽいのがいましたら、どうぞ気軽に声をかけて下さい^^


皆さん、本当にありがとうございました。


終わり。


↓↓クリックしていただけると幸いです↓↓
 ブログランキング・にほんブログ村へ
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .