FC2ブログ
ハチオウジタロウのブログ
八王子発 家族日記
≪10月   2018年11月   12月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鉢形城公園
正月は2日から働いていたので家族と出掛けたのは元旦の初詣と妻の実家のみ。せっかく冬休みに入っているので、子供達と一緒に出掛けたいと考えていました。幸い5・6日と仕事が連休だったので、家族のリクエストも聞きながら、色々出掛けるところを計画していました。挙がってきた候補は「八景島シーパラダイス」「多摩動物園」等々。「多摩動物公園」は昨年の秋に行く予定が雨天の為に中止になったので行こうということになりました。「八景島シーパラダイス」は色々検討した結果、今回は見送ることに・・・・。「他に何処かないかな~」と考えていたら、前から一度行ってみたかった「鉢形城」の事を思い出しました。家族に相談すると「OK」が出たので、連休初日は「鉢形城公園」に行くことになりました。「鉢形城」城主は「八王子城」城主「北条氏照」の弟である「北条氏邦」です。

念願だった「鉢形城公園」に到着。「鉢形城歴史館」前の駐車場です。「八王子城跡」の「御主殿跡」にあるような「冠門(かぶきもん)」をくぐった先の建物が歴史館です。

DSCN4398.jpg

北条家の家紋「三つ鱗」が見えます。ここは休憩所とのことです。

DSCN4400.jpg

まずは歴史館に向かいます。今年は5日から開館するとのことです。9時30分開館で時間通りに入りましたが、あまりに静かなので「あれ~?やってるのかな~?」と一瞬不安に思うも覗いてみるとちゃんと開いておりました。我が家が今年最初の入場者となりました(^^)/

残念ながら、館内は「撮影禁止」です。館内を写真で紹介することはできませんが、「櫓門」が復元されていたり、後北条家の歴史や「鉢形城」に関するパネルや1/250の模型が展示されており、色々と学ぶことができます。
最後に事務所に寄って、「鉢形城開城~北条氏邦とその時代」、「北条安房守と真田安房守」、「鉢形城指南」の3冊の図書を購入。ちなみに自分は歴史本をビールを飲みながら読むので、内容は薄いものの、読破するまで時間を要すると思います(^^;)

DSCN4403.jpg

歴史館を出て、「鉢形城」の散策開始です。まずは「外曲輪」を歩きます。

DSCN4405.jpg

「土塁」が見えます。

DSCN4406.jpg

次に寄居町の天然記念物に指定されている桜「エドヒガン」と土塁を見に行くことにしました。

DSCN4409.jpg

途中で振り返ると柵の向こうに「歴史館」が見えます。当時をイメージするにはいいロケーションだと思いました。

DSCN4412_20110106080433.jpg

城内を流れる「深沢川」を渡ります。

DSCN4413_20110106080504.jpg

DSCN4417.jpg

DSCN4418_20110106080548.jpg

「エドヒガン」のある「土塁」に到着しました。ここは「カタクリ」の群生地にもなっているようです。

DSCN4420.jpg

DSCN4423_20110106080734.jpg

再び「外曲輪」に戻りました。ここはかなり広い曲輪です。

DSCN4427_20110106080750.jpg

DSCN4430.jpg

DSCN4432_20110106080829.jpg

この歩いている道は歴史館でもらった「フィールドマップ」では当時「土塁」だったようです。横には民家が並びます。

DSCN4435.jpg

DSCN4438.jpg

ここは「フィールドマップ」では「馬出」となっています。ここは私有地のようで、中には入りませんでした。

DSCN4441.jpg

「四十八釜???」って何だろうと思っていましたら、城内を流れる深沢川が深い峡谷からなっている為、切り立った断崖は、「鉢形城」の内堀として利用されていたようです。埼玉県の名勝にも指定されています。峡谷に深い淵がいくつも形成され、それぞれの「釜」には名前が付いており、逸話も伝わっているそうです。

DSCN4442.jpg

DSCN4446.jpg

DSCN4447_20110106081040.jpg

「搦手橋」の上から見ると素晴らしい景色を見ることができます。

DSCN4449.jpg

DSCN4451.jpg

↓↓クリックしていただけると幸いです↓↓
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。