FC2ブログ
ハチオウジタロウのブログ
八王子発 家族日記
≪10月   2018年11月   12月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鉢形城公園【3】
「本曲輪」を後にし、先に進むと「二の曲輪」に到着しました。

DSCN4494_20110115191122.jpg

「土塁」が見えます。

DSCN4495.jpg

DSCN4498.jpg

DSCN4499.jpg

ここもかなり広い曲輪です。

DSCN4500.jpg

「二の曲輪」と「三の曲輪」の間にある空堀です。復元整備されているだけあって、とてもわかり易いです。空堀の中央に盛られている土は「畝(うね)」といい、空堀にいる敵が堀底で動き回るのを防ぐ役割があったとされています。このような「畝」のある空堀を「障子掘」と呼ぶそうです。

DSCN4505.jpg

DSCN4506.jpg

DSCN4507_20110115234829.jpg

DSCN4513.jpg

DSCN4520.jpg

DSCN4523.jpg

「二の曲輪」から道路を隔てた場所に「馬出」があります。馬出とは「虎口(城の出入り口)」の外側に造られ、敵の攻撃から虎口を守り、城兵が出入りを確保する為の小さな曲輪です。このような馬出は「鉢形城」では6箇所確認されているそうです。四角い形の馬出を「角馬出」と呼び、後北条家系城郭の特徴だったようです。

DSCN4527.jpg

「三の曲輪」に到着。

DSCN4530.jpg

当時をイメージして復元された「四脚門」が見えます。

DSCN4531_20110115235107.jpg

「三の曲輪」から見た「二の曲輪」への風景です。

DSCN4532.jpg

DSCN4533.jpg

DSCN4534.jpg

DSCN4536.jpg

この辺りは庭園であったとされています。

DSCN4540_20110116070431.jpg

「池跡」が再現されています。

DSCN4541.jpg

DSCN4542.jpg

「シメ」がいました。

DSCN4545_20110116070825.jpg

「三の曲輪」全体図です。

DSCN4551.jpg

「石積土塁」が復元されています。土塁の表面に川原石を階段状に積み上げているのが特徴とのことです。

DSCN4554.jpg

DSCN4555.jpg

DSCN4557.jpg

↓↓クリックしていただけると幸いです↓↓
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。