FC2ブログ
ハチオウジタロウのブログ
八王子発 家族日記
≪10月   2018年11月   12月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
北条氏照および家臣墓
「宗関寺」を後にし、次に向かったのは「北条氏照および家臣墓」です。

DSCN6210.jpg

DSCN6212.jpg

DSCN6213.jpg

DSCN6216.jpg

DSCN6219.jpg

DSCN6221.jpg

DSCN6223.jpg

北条氏照は天正18年、「小田原城」開城後に兄「北条氏政」と共に城下で自決し、遺骸は小田原にある北条家の菩提寺「伝心庵」に埋葬されたそうです。
この墓所は元禄2年の北条氏照百回忌を機に「中山信治」によって造られたもので、墓所の下には北条氏照の遺骸は無いとの事です。
以前ここで元都立大学教授であった「峰岸純夫」氏の講義を受ける機会がありました。この時先生は「墓というものは供養する為に造られるもので、必ず遺骸が墓の下にある必要はない」という話をされていました。
中央に北条氏照の供養塔、向かって右側が「中山勘解由家範」の墓、左側に中山信治の墓が建っています。かつてこの場所には観音堂があり、北側の谷奥に「宗関寺」があったとされています※1。

DSCN6226.jpg

DSCN6229.jpg

※1 参考文献 「歴史と浪漫の散歩道」八王子市文化財ガイドブック

↓↓クリックしていただけると幸いです↓↓
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。