FC2ブログ
ハチオウジタロウのブログ
八王子発 家族日記
≪10月   2018年11月   12月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カミキリムシ
「夏休み親子企画・カミキリムシに魅せられて」なる講座に息子と一緒に参加してきました。

講師の先生は中学生の時からカミキリムシに夢中になり、ずっと研究を続けているそうです。
ライフワークのお手本のような方で素晴らしいと思いました(^^)
カミキリムシの魅力は色や形が非常に豊富で種類が多いからとのことでした。世界で約3万種、国内では752種が生息しているそうです。カミキリムシというとあの鋭い口から「紙切り虫」かと思っていたら、「髪切り虫」という意味で、平安時代からそのように呼ばれていたそうです。またカミキリムシの一生は殆どを木の中で幼虫で過ごし(11ヶ月半位)、成虫で過ごす時間は2週間程だそうです・・・知りませんでした。
他にも色々と面白い話が聞けたのですが、今回用意された資料は早稲田大学の学生や大学院生の為に説明するものだったようで、途中から難易度が上がり、多くの子供(小学生)は話が理解できずに飽きてしまったようでした(^^;)

講座の終わりにはカミキリムシが配られました。止めたのですが、熱心に話を聞いていたので影響を受けたのかもしれません。「ちゃんと面倒みるよ~。どうしても欲しい!お願いだよ~」と息子が言うので、キボシカミキリを1匹頂きました。



最後に先生から「お父さん、お母さん!家の近くに山があったら、是非カミキリムシを探しに子供達を連れて行ってあげて下さい!今の時季なら簡単に見つかると思いますよ」という話を聞いて、息子が「お父さん!探しに行こう♪」と言い出しました。
何度も言ってくるので仕方なく、行くことに・・・。但し「見るのはいいけど、捕まえるのは反対」という条件付きです。
八王子市は山に囲まれているので、虫を探す場所には苦労しません(^^;)車で近くの雑木林に息子と行ってきました。
クヌギやコナラなどを見ているとカミキリムシがいましたよ!でも「???」家に帰って調べてみると「ナガゴマフカミキリ」という種類でした。その後もしばらく散策していたのですが、残念ながら他は見つかりませんでした

1DSCN8278.jpg

最後にクヌギの木にカブトムシがいるのを見つけました。息子は欲しがりますが、家にはご近所から頂いたカブトムシが何匹もいます。欲しがる気持ちはよく分かりますが、ここは諦めてもらいましょう・・・。

1DSCN8280.jpg

昆虫観察は嫌いでなければ大人も子供も一緒に楽しめて、とてもよい経験になると思いました(虫除けスプレーや蚊取線香必須です)。またいつか行ってみようと思います。

↓↓クリックしていただけると幸いです↓↓
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。