ハチオウジタロウのブログ
八王子発 家族日記
≪04月   2018年05月   06月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「青龍不動跡」から先に進むと「炭窯跡」に着きました。この炭窯では弾薬を作るのに使っていたとのことです。

DSCN0021_20111211171600.jpg

「棚沢の滝」を目指して、皆で険しい道を進みます。斜面の下を覗くとこの風景・・・。

DSCN0027.jpg

「棚沢の滝」に到着しました。せっかくなので上から覗いて見ようと思いましたが、恐ろしくて覗けませんでしたよ(^^;) 滝の上に立てただけでも満足です。

DSCN0042_20111211171823.jpg

「棚沢の滝」を後にし、再び険しい山道を進んで行くと山頂の「本丸」へと続く「馬蹄段」に辿り着きました。

DSCN0047.jpg

DSCN0053.jpg

「松木曲輪」に到着。いやぁ~疲れました♪

DSCN0055_20111211171945.jpg

景色と一緒に紅葉も楽しむことができます。

DSCN0057_20111211172005.jpg

昼食を終えて、下山します。「松木曲輪」下の「中曲輪」にも炭窯跡があります。但し、「当時の炭窯かどうかわからない」との説明でした。

DSCN0058_20111211172022.jpg

「小宮曲輪」下から見えるいつもの風景。この日はスカイツリーまでよく見えました^^

DSCN0062_20111211172037.jpg

DSCN0066_20111211172048.jpg

「柵門台」まで下りてきたところで「リンボク」という植物の説明を会の方から受けました。高尾山では見ることができず、この辺り(深沢山)にだけ自生しているそうです。
説明の後に「リンボクを見に行こう!」ということになって、急遽予定変更になりました。長い間土砂崩れの影響で封鎖されていた柵門台から山王台へ続く道が復旧されたので、そこから「リンボク」のある「殿の道」を目指すことになりました。

土砂崩れの跡です。

DSCN0068.jpg

「山王台」に到着しました。

DSCN0070.jpg

DSCN0074.jpg

「リンボク」と同じくこの辺りだけに自生しているという「ホソバカナワラビ」です。

DSCN0076_20111211172224.jpg

お目当ての「リンボク」の木まで辿り着きましたが、9月に来た台風になぎ倒されていました・・・とても残念です(T_T)

DSCN0078_20111211172242.jpg

倒木の下に幼木の芽が・・・頑張って大きくなってもらいたいですね(^^)/

DSCN0083.jpg

↓↓クリックしていただけると幸いです↓↓
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんな会があったこと、知りませんでした!!

三月までガイドあるみたいなので行ってみようかしら…
いや~
ウズウズしますね!!
2011/12/14(水) 21:22 | URL | みゅった #-[編集]
Re: タイトルなし
みゅったさん

コメントありがとうございます。
八王子城跡は広いので、一度に全部を回ることはできないのですが、名所がたくさんあって楽しめると思いますよ^^
ガイドの皆さんも良い方ばかりでとても親切に教えてくれます^^
2011/12/15(木) 18:26 | URL | ハチオウジタロウ #-[編集]
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。